So-net無料ブログ作成
検索選択

出エジプト記13:17~14:31(14:26-31) 神の民の救い [説教]

【聖書箇所】出エジプト記13:17~14:31(14:26-31)
【説 教 題】神の民の救い
【中心聖句】恐れてはいけない。しっかり立って、きょう、あなたがたのために行なわれる主の救いを見なさい。…主があなたがたのために戦われる。あなたがたは黙っていなければならない。(出エジプト記14:13-14)
【説 教 者】黒田 明
【新 聖 歌】325


 前回は、エジプトの王パロのかたくなさに対して、神が10の災いを下してこれを打ち砕き、イスラエルの民を奴隷状態から解放した場面を取り上げました。今回はその続きになりますが、イスラエルの民がエジプトを脱出した後、いよいよ約束の地カナンに向かって旅立っていくときの記録を見ていくことになります。
 調べによると、エジプトから約束の地カナンに入るには2つのルートがありました。1つは地中海に沿った海沿いの道で、ここを通ると約2週間で約束の地に到着することができました。そしてもう1つはというと葦の海に沿った荒野の道になります。こちらはどちらかと言うと長い道のりで、途中シナイ山を通るルートにもなっています。
 はたして、神はそのどちらに彼らを導いたでしょうか。約束の地カナンへの最短距離、すなわち地中海に沿った海沿いの道だったでしょうか。いいえ、神は葦の海に沿った荒野の道に彼らを導かれたのです。それにしても、神はこのときどうして彼らに近道をさせず、かえって遠回りをさせたのでしょうか。実は、地中海に沿った海沿いの道には、当時、好戦的な人々として知られているペリシテ人がいました。つまりどういうことが言えるでしょうか。非武装集団であるイスラエル人にとって、そちらはあまりにも危険が大きすぎるということから、神はあえて近道をさせなかったのです。同様に、私たちの人生にも遠回りのように思えてならない、そのようなときがあるかもしれません。しかし、そこに信仰を働かせて受け止めていこうとするなら、遠回りの人生にも意味があるとか、もしかすると弱い私をかばう神のご配慮があってのことなのかもしれないとか…、そのようなことが私たちにもわかってくるのではないでしょうか。
 また、これは13:21~22からわかることでもあるのですが、神は神の民イスラエルのために、昼は「雲の柱」、夜は「火の柱」を備えていてくださいました。つまり、昼は昼で雲の柱が日中の暑さから彼らを守り、また夜は夜で火の柱が野の獣から彼らを守って、常にその旅路を守り導いてくださったのです。なお、神は私たちのためにも常に共にいてくださり、地図やコンパスにもまさる人生の道案内をしてくださろうとしておられます。そうです。神は罪の世界から私たちを導き出してくださっただけでなく、天の御国に至るまでの荒野の人生を共に歩んでくださるお方でもあられるのです。
 ところで、そのころエジプトの王パロはというと、急に心変わりをしたようで、エジプトを脱出したイスラエル人の追跡を開始するのです。というのも、無代価で労働を提供してくれていた奴隷がいなくなってしまったわけですから、当然のこと、その分の労働がエジプト人の肩に重くのしかかってきます。そうなると、エジプトにとってはたいへんな経済的打撃につながってくるわけです。そこでイスラエル人を連れ戻し、再び奴隷として働かせるために、パロはありったけの戦車を用意し、また最強の部隊を引き連れてイスラエル人の追跡を開始したのです。
 一方、その頃、イスラエル人はというと、彼らは海辺に導かれていました。旅に疲れたからだを休ませていたのです。ところが、しばらくすると馬の鳴き声や戦車の音が聞こえてきたものですから、ふと振り返ってみると、何と、パロの率いるエジプトの軍勢がすぐ近くにまで迫って来ているではありませんか。おまけに、目の前は海ですから、逃げるところもなければ時間もありません。そのため彼らはパニックを起こすのです。そして指導者モーセに泣きながらの文句を言い始めるのです。
 考えてみれば、私たちにもこのような「絶体絶命」というか、「八方ふさがり」というか、「逃げ場がない」というか…、そのようなことに遭遇するときがあるのではないでしょうか。はたして、そのようなとき私たちはどのようにすればよいのでしょうか。思うに、このときイスラエル人には、次の2つの特徴がありました。14:11と12のところになりますが…。1つは、「私たちには死よりほかにもう道はない」という決めつけがあったということ。もう1つは、彼らはその不平不満の叫びを身近な指導者モーセにぶつけたということです。
 では、このときモーセはどうだったかというと、14:13~14をご覧ください。モーセの場合、彼はどんなにか絶体絶命のように感じるときがあったとしても、だからといって「死よりほかに道がない」とは決めつけないで、そんなときにこそ上を見上げました。また、私たちのまわりがどんなにか八方ふさがりのように思えるときがあったとしても、それでも天は大きく開かれていることを彼は知っていましたから、そこに向かって叫ぶなら、神が必ずや助けてくださるということを人々に語って聞かせたのです。そしてそのとおりに、モーセが天を仰いで祈っていると、不思議なことが起こりました。これまでは前を進んで彼らを守り導いてくれていた雲の柱が、このときにはすみやかに後方へと移動し、イスラエルの陣営とエジプトの陣営との間に入って、彼らのために立ちふさがってくれたのです。また、モーセが海の上に手を差し伸ばすと、そこに激しい東風が起こり、これによって目の前の海が真っ二つに分かれると、それが右と左の壁となって、そこにかわいた道ができあがったというのです。つまり、道は開かれたということです。ご承知のとおり、こうして神の民イスラエルは救われ、エジプト軍は敗北していくのです。
 そこで、私たちは今回「恐れない」ということばをキーワードにしたいと思うのです。すなわち、モーセは14:13のところで、民に向かって「恐れてはいけない」と叫びました。しかもこの「恐れるな」ということばは、実に、聖書のあちこちに出てくることばでもあるのです。たとえば、神はアブラハムに対して、創世記15:1のところで、「恐れるな」と言われました。救い主誕生の際、御使いは荒野にいた羊飼いたちに対して、ルカ2:10のところで、「恐れることはありません」と語りました。イエスさまの弟子たちが湖の上で嵐に悩まされていたとき、イエスさまは彼らに対して、マタイ14:27のところで、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われました。こういうことですから、私たちが困難に直面したとき、主は私たちに対しても「恐れるな」と語っておられると思うのです。そこで、今回の中心聖句に心をとめましょう(読む)。
 偉大な指導者モーセは、ピンチのとき、恐れず、あわてず、「もうダメだ」と決めつけず、むしろ開かれている天を見上げ、神に祈りました。そうです。彼は、祈って、神のなさることを静かに待ち望んだのです。願わくは、彼のこのような神への全幅の信頼を私たちも見習うのもでありたいと思うのです。なぜなら、私たちにはどんな状況からでも救い出すことのできる全能の神が共にいてくださるからです。


【恵みの分かち合い】
1. あなたには、今まで「八方ふさがり」のような経験がありましたか。
2. あなたには、神によって「道が開かれた」という経験がありますか。

nice!(0) 

nice! 0