So-net無料ブログ作成

ルカ22:31-34 ペテロ否認の予告 [説教]

【聖書箇所】ルカの福音書22:31~34
【説 教 題】ペテロ否認の予告
【中心聖句】わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。
(ルカの福音書22:32)
【説 教 者】黒田 明
【新 聖 歌】394


 誰でも、多かれ少なかれ、何らかの失敗をしているものですが、そんなとき私たちはどんな気持ちになるでしょうか。とても惨めな気持ちになるかもしれません。自暴自棄になって、すべてを投げ出したい気持ちにさえなるかもしれません。
 実は、聖書に記されているイエスさまの弟子たちをみても失敗がなかったわけではありませんでした。私たちと同じで、多かれ少なかれ何らかの失敗をしていたのです。たとえば、イスカリオテのユダの裏切り行為はその最たるものだったのではないでしょうか。何と言っても、銀貨30枚でイエスさまを裏切ったわけですから…。しかしそんなユダに対してさえ、悔い改めと信仰の回復のチャンスがあったことを、私たちはイエスさまのおことばや態度の中から知ることができるのです。とはいえ、イエスさまから心が離れていくユダにはそんなイエスさまの愛が届きませんでした。届きませんでしたから、自暴自棄になって、自分の人生に終止符を打つという悲しい結末を迎えることに彼はなってしまったのです。
 では、ペテロはどうだったかというと、これまでも自信過剰で失敗を繰り返してきた彼ではありましたけれども、ユダとの決定的な違いは何かといえば、ペテロからはイエスさまへの信仰が失われていなかったということです。もしかすると、そのときの彼の信仰はごくごく小さなものであったかもしれません。けれども、たとえ小さかろうが、生きて働く信仰が彼の内にあったことを私たちは知るのです。
 というわけで、今回はペテロの失敗と、そんな彼に注がれているイエスさまの愛とに目を留めていきたいのですが、まずは31節と32節をご覧ください。この場面は最後の晩餐での出来事になります。イエスさまがペテロに声をかけると、あらかじめ3つのことを彼に告げたのです。まず1つめの予告は、弟子たちがサタンのふるいにかけられるということであり、ペテロ自身はというと、イエスさまを3度否認するというものでした。ご承知のとおり、ふるいにかけられるとは、信仰が揺さぶられること、またふり落とされることでもあるわけですが、ここではペテロを堕落させようとするサタンの試みを意味しています。一方、このことに対してペテロはというと、この予告を自信ありげに否定します。そして「イエスさまのためなら、投獄も死もいとわない」と豪語してくるのです。しかし、イエスさまは34節のところで、彼にこう言われました。「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」と…。なお、私たちはこの後、イエスさまが捕らえられ、大祭司のもとに連行されると、イエスさまのおことばのとおりに、イエスさまを3度否認したペテロの姿と鶏に鳴かれてハッとしたペテロの姿、そして遠くでイエスさまと目が合って悲しんだペテロの姿をみることになるのです。
 続いて2つめの予告ですが、それでもペテロの信仰はなくならないというものでした。では、サタンに打ちのめされ、生涯で最も惨めな体験をすることになったペテロの信仰がなくならなかったのは何故なのかというと、それこそ「わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。」とイエスさまが言われたように、そこにはイエスさまのとりなしの祈りがあったからであり、一方ペテロはというと、イエスさまが言い残してくださったそのときのおことばを思い出しては、そこに込められているイエスさまの本当の愛がわかった…。すなわち、「知らない」「関係ない」と言ってはイエスさまを裏切った自分にさえ、なおも注がれている主の深い愛がわかったがゆえに、彼の信仰が失われるということがなかったのではないでしょうか。
 なお、3つめの予告ですが、それは、「ペテロは立ち直れる、だから兄弟を力づけよ」というようなものでした。つまり、あなたはあなたと同じように挫折した仲間を励ますことができるという予告でもあったということです。
ところで、これは私たちの場合ですが…。悩んでいる人がいると、ついその人を励まそうとして、「私も若い頃、そんなことがあってとても苦労した」とか「人間誰だって失敗や挫折を繰り返しながら成長していくものだ」とか「俺なんか君よりもっと大変だったんだぞ」とか言う場合があります。またときに、聞いている方が疲れてしまうほどに、得意げに延々としゃべり続けるという場合もあります。
 このような話の中にはときとして味わい深く、またなるほどと思えるような示唆に富んだものもあって、それこそ励まされる場合が多くあります。けれども、聞き手の心理的条件にもよりますが、聞いた後、なぜか心の深いところは癒されない感じが残る場合があるのではないでしょうか。厳しい人生を生きていく上での教訓や参考にはなり得ても、何か心の外というか、どうも心の奥の扉はなかなか開かない感じがするわけです。
 そしてそれはなぜなのかというと、誰もがそうだとは思いませんが、その1つの理由としては、教訓として失敗談を語ることのできる人の多くは、すでにそれを克服しており、失敗を語りつつも、いつのまにか無意識のうちに勝利者のような態度で話していることが多い…。つまり、それは失敗談というよりは成功談と言ってもいいかもしれません。一方、聞かされている側としては、「あなたはうまく乗り越えられて本当によかったですね。でも私は…」という感じになるわけです。つまりこのような成功者と失敗者というような構図や雰囲気の中では人の心は癒されないのです。
 では、人生途上において様々な失敗や挫折を通して学んできた貴重とも思える気づきや体験などを、同じような苦しみの中にある人にどのようにお伝えしたらよいのかというと、それこそ失敗談が相手のためになると思われる場合であっても、ごく控え目に、ごくごく控え目に語られるのがよいのではないでしょうか。と言いますのも、悩んでいる人の心の扉はどうやら親身になって聞いてくれる人、もしくは寄り添って聞き続けてくれる人によって開かれてくるように思うからです。
 というわけで、今回は生涯で最も惨めな体験をしたペテロについて取り上げたわけですが、もう一方においては、そんなペテロのために前もって祈ってくださっていたイエスさまの愛を取り上げさせていただきました。願わくは、ペテロのみならず、イエスさまはあなたや私のためにも、信仰がなくならないようにと祈ってくださっているところの主であられ、また、立ち直ったら、同じように挫折した仲間を励ますようにと仰せになっておられるところの主でもあられるということを、今回は覚えておくことにしたいと思うのです。


【恵みの分かち合い】
1. イエスさまのペテロへの3つの予告とは、何でしたか。
2. 人を励ますということについて、自由に分かち合ってみましょう。

nice!(0) 

nice! 0