So-net無料ブログ作成
検索選択

列王記第一3:5~14 知恵を求めたソロモン   [説教]

【聖書箇所】列王記 第一 3:5~14
【説 教 題】知恵を求めたソロモン
【中心聖句】あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。(ヤコブ1:5)
【説 教 者】黒田 明
【新 聖 歌】196


 きょう皆さんと共に考えたいテーマは、「祈り」です。ご承知のとおり、聖書の中には神さまに祈った人の話がたくさん出てきます。たとえば、旧約聖書の中にアブラハムという人がいましたが、彼のとりなしの祈りはとても有名です。すなわち、甥のロトが住んでいる町ソドムが滅ぼされてしまうことを知ったアブラハムが、心を痛め、助けてくださるようにと何度も何度も神さまに祈ったのです。なお、神さまに食い下がるようにして「主よ。どうかお怒りにならないで、今1度、今1度だけ私に言わせてください」と祈った、このときの彼の祈りは、すぐに祈ることをやめてしまいやすい、すぐにあきらめてしまいやすい私たちにとって、失望しないで祈り続けることの大切さを教えているのではないでしょうか。
 同じく、旧約聖書の中にモーセという人がいましたが、彼はアマレク人との戦いの際、手を上げて祈りました。ご承知のとおり、モーセが手を上げて祈っている間はイスラエル軍が優勢になり、反対に彼が疲れて手を下げてしまうとアマレク軍が優勢になったという、あの祈りです。なお、アロンとフルのふたりがモーセの手を両側から支えてくれたので、ついに勝利できたわけですが…。ここからは、1つの目的のために互いに祈り合い、また支え合っていくということの大切さがわかるのではないでしょうか。
 また、新約聖書の中には有名な十字架上のイエスさまの祈りや殉教する際のステパノの祈りがあります。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」「主よ。この罪を彼らに負わせないでください」と祈られた、あの祈りです。しかも、その祈りが迫害する者のためのとりなしの祈りであったことを覚えるとき、迫害する者をさえ神にあって愛し、また赦していこうとする心がなければ、とうてい祈ることができない崇高な祈りであったことを、私たちは心に銘記しておきたいと思うのです。
 ところで、きょうのところにはダビデの息子ソロモンが次のイスラエル王位継承者となった、そのときの祈りが取り上げられています。すなわち、ある日のこと、神さまが夢の中でソロモンに現われ、こう言われたのです。「ソロモンよ。あなたに何を与えようか。願え。」と…。はたして、このようなすばらしい神さまからの問いかけに対して、ソロモンは真っ先に何を考えたでしょうか。自分のことだったでしょうか。いいえ。彼はすぐに神の民イスラエルのことを考えたのです。というのも、彼はこう言っているからです。「神さま。あなたは私を王とされました。しかし、私は年が若くて、何もわかりません。ですから、どうぞ、この国民を正しく治めていくことができるように、私に知恵を与えてください。」と…。要するに、ソロモンは「長生きできますように」とか、「お金がもうかりますように」とか、そういった自分の欲求を並べ立てて自分勝手なことを神さまに願ったのではなく、神さまがゆだねてくださった「この国、この民」のために必要と思われるものを…、しかもそれを悪い動機からではなく良い動機・純粋な動機から彼はそれを祈り求めたのです。
 なお、10節から14節には、ソロモンの祈りに対する神さまからの応答が記されてあります。それによると、神さまは彼の願いどおりに知恵を与えてくださいました。さらに、どうでしょう。彼が求めなかった富であるとか、名誉であるとか、長寿であるとか…、そういったものまでもが与えられたのです。つまり、ソロモンの場合、祈りはすぐに聞かれました。神さまは彼の祈りを直ちに聞き、かなえてくださったのです。さらには、求めなかったところの他の祝福までもが、それに添えて与えられたのです。
 しかし、だからといって私たちはここから、私たちの祈った祈りがすべて「即時即応」になるということを期待してはなりません。というのも、いろいろなケースがあることを聖書は教えているからです。すなわち、「すぐにOK」のときもあれば、「すこし待て」のときもあり、「忍耐深く待て」のときもある…。いや、神さまからの祈りの応えが「NO」というときが実際にあるのです。
 たとえば、パウロを例にとると、彼の祈りはそのとおりによく聞かれました。彼が祈ると、そのとおりになったのです。しかし、彼には肉体的に1つの悩みがあり、そのことでも彼は真剣に祈りました。祈り続けたのです。ところが、これに対しての神さまからの応えは「よし、なおしてやろう」ではなく、「わたしの恵みは、あなたに十分である」ということだけだったのです。けれども、パウロにとってそれがどんなに大きな慰め、どんなに大きな励ましになったかわかりません。というのも、彼はかつて、それはやっかいな病気、ご奉仕をする上でのマイナスと考えていました。ところが、主はその弱さを通して、ご自身の力を発揮してくださるということ。あるいは、弱さこそが、主の力のすばらしさが現われる舞台になるということ。さらには、いやしだけが主の栄光ではなく、この地上にあっては病気の者を病気のままで、主は豊かに用いてくださるということ…。彼自身、こういったことがよくわかったからです。
 さて、以上のようなわけで、きょうは神さまからの祈りの応えは、まるでジュースの自動販売機のように、ボタンを押せば自分の望みのものがでてくるという類のものではないということをみてきました。私たちは、つい、神さまをそのような、自分にとって都合のいい自動販売機のようなものにしてしまいがちですが…。私たちは、もう1度、祈るということがどういうことなのか、日々の信仰生活、祈りの生活の中で教えられながら、少しづつ成長していく者でありたいと思うのです。


【恵みの分かち合い】
1. 神さまからの祈りの応えにどのようなものがありますか。
2. あなたの祈りの体験、祈りの恵みにどのようなものがありましたか。

nice!(0) 

イザヤ書9:1-6 救い主到来の予告  [説教]

【聖書個所】イザヤ書9:1-6
【説 教 題】救い主到来の予告
【中心聖句】ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。(イザヤ9:6)
【説 教 者】黒田 明
【新 聖 歌】68


 クリスマスを迎えるにあたり、私たちはきょう1つのことに思いを巡らしたいと思います。すなわちそれは何かといえば、「救い主がお生まれなさる」とのメッセージは、救い主誕生の何百年も前から、すでに旧約聖書の中に預言されていた事柄であったということです。
 ご承知のとおり、マホメットであれ、釈迦であれ、孔子であれ、またソクラテスであれ、その誕生が何百年も前から予言されていた人はひとりもありませんでした。ところが、救い主に関しては何百年も前から数多くの預言がなされていたのです。
 たとえば、きょうお読みしていただいたイザヤ書9:6ですが、これも「メシヤ(救い主)預言」として知られている箇所の1つです。しかも、救い主イエス・キリストがお生まれなさる700年も前から、すでに救い主誕生の目的が何であるのかが明確に記されてあったのです。

「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。」

 ここからもわかりますように、救い主誕生の目的…、それは「私たちのため」とあります。つまり、救い主は私たちのためにお生まれなさるというのです。では、何ゆえに私たちに救い主が必要なのでしょうか。それを知る手がかりが2節にあります。要するに、私たちは「やみの中を歩んでいる者であり、また死の陰の地に住んでいる者でもあった」…。つまり、ここに「やみ」とか「死」とあるように、私たちではどうすることもできない、これらの問題をかかえているがゆえに、私たちには救い主が必要なのです。
 たとえば、あなたがもし何かのことで心を暗くしているとするなら、救い主はそんなあなたのためにこの世界に来てくださったのです。言うなれば、救い主イエス・キリストはあなたや私を暗やみから光へ、また死からいのちへと移すために、天からこの地上へと降って来てくださったお方なのです。
 しかも、注目したいのは6節の後半で、彼の名が4つの名で呼ばれているということです。1つめは、「不思議な助言者」。英語では「 Wonderful Counselor 」(驚くべき不思議なカウンセラー)。なお、現代訳聖書ではそこを「偉大な相談相手」と訳しています。ともあれ、「現代は方向性喪失の時代である」と言われている今日、よきカウンセラー、よき相談相手を選ぶことができるとしたら、それは何と幸いなことではないでしょうか。救い主は、悩み苦しむ私たちのよき相談相手となってくださるのです。
 2つめは、「力ある神」。英語では「 The Mighty God 」。要するに、救い主はどんなことでもおできになる、力強い本当の神であられるというのです。ご承知のとおり、万物はこのお方によって造られました。天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、見えないもの、王座も主権も支配も権威も、すべてはこのお方によって造られたのです(コロサイ1:16)。ということは、どういうことが言えるでしょうか。羊のように倒れやすく、また弱い私たちではありましても、救い主に信頼するなら「七転び八起きのときの力」や「弱さの中に働く力」が与えられるということが言えるのです。また、立ち上がれないようなときがもしあったとしても、羊飼いが弱った羊を肩にかつぐように、彼は弱った私たちを彼の肩にかついでくださり、緑の牧場、憩いのほとりへと運んでもくださるということが言えるのです。
 3つめは、「永遠の父」。すなわち、はじめはそうだったけれども、途中であきれられてしまってお父さんたることをやめてしまう…、そのようなお方ではない。彼は私たちにとっていつまでもお父さんのようなお方であられるというのです。なお、カトリックのある神父は、このお父さんをイメージして次のように表現しました。「神さまとはちょうど‘地面’。すなわち、大地のようなお方である。大地は‘スギはいいけれども、マツはいやだ’とか、‘マツはいいけれども、サクラはいやだ’とか、‘サクラはいいけれども、ススキはいやだ’とか、そんなことを言わない。大地は、スギもマツもサクラもススキも、あるときには死んだ犬の屍骸さえも、自分の中に同化し、受けとめてくださる。神とは、実に、そのようなお方でいらしゃるのだ」と…。
 そして最後は、「平和の君」。ヘブル語で‘平和’のことを‘シャローム’と言うのですが、救い主はあなたの心に、あなたの生活に、あなたの家庭にシャロームを与えてくださるとともに、この世にあるさまざまな争いをしずめ、究極の平和をもたらすところの王の王、主の主でもあられるというのです。
 というようなわけで、クリスマスを迎えるにあたり、今回は次のことを心に留めて置くことといたしましょう。「救い主はあなたを救うためにこの世に来られた。あなたを暗やみから光へ、また死からいのちへと移すために、この世に来られた」。


【恵みの分かち合い】
1. メシヤ預言に、どのようなものがありますか。
2. あなたは、きょう、どんなことばやどんな内容に心がとまりました。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。